MENU

結婚相談所で相手にお断りする方法

結婚相手を探す方法としては、合コンなどの婚活パーティーや、婚活サイト、知人からの紹介やお見合いなどがありますが、その中の1つに結婚相談所があります。

 

結婚相談所を利用する人は、結婚への本気度が高い人が多く、はっきりとした履歴を把握することができるために、安心して申込をすることができる内容となっています。

 

また、アドバイザーがサポートをしてくれるために、結婚に対しての悩みなど、様々な問題にも対応をしてもらうことができます。

 

結婚相談所では、希望する内容に合わせてコーディネーターがお見合いや引き合せを行ってくれるサービスを提供してくれるところも多く、この場合には、相手と実際に会うことになります。
ここでは、会ってから結果的にお断りをすることもありますが、断り方には配慮をすることが必要になります。

 

まず、1つには、結婚相談所に依頼をして断ってもらう方法があります。

 

結婚相談所の場合には、基本的にはアドバイザーが断りの連絡を入れることがマナーとなっており、自分では連絡をしなくてもよいことになってます。

 

アドバイザーはノウハウがあるために相手を傷つけることなく断ることができ、自分で直接相手に伝えることは避ける必要があります。

 

断る場合に、困る内容としては、複数回会っている場合があります。この場合にはお互いに連絡先を交換している場合も多く、断る判断をした場合には、最後に会う時に、本人にその旨を伝えることが大切になります。

 

数回会った場合には、業者への依頼はしにくく自分で行う必要がありますが、本人に直接言いにくい場合には、メールを利用することも1つの方法となります。

 

ここでの内容としては、できるだけ柔らかい表現方法を用いる必要があり、くれぐれも短文で済ますことは避けることが大切なことになります。
また、電話でお断りを入れる場合にも、相手が傷つかない言葉を用いる必要があります。

 

通常、メールや電話を利用することは失礼にあたるとされていますが、場合によっては適切な方法となり、特に、数回会っていてトラブルが予想される場合などでは最適な方法となります。

必ず結婚相手を探せるサイトをご紹介!

ズバット結婚サービス比較

パートナーエージェント

ツヴァイ

 

・優良企業全16社からあなたのお相手をお探しします!

・徹底比較でぴったりの結婚相談所が見つかります

・申込みは簡単入力1分

・利用者数5万人突破!

 

・会員の1年以内の交際率92.4%

・活動開始から1年以内に成婚した人64.9%

・会員は毎月6.1通の紹介を受けています

・会員の2人の1人が交際中

 

1日15人の方が成婚で退会をされています

・カップリングパーティーで開催後に県外同士で交際

・あなたの結婚した人の数を調べる事も可能!