MENU

結婚をして良かったエピソード

結婚相談所に結婚相談に訪れる人の多くは、自分も結婚して幸せな家庭を築きたいというものから子孫を残して家系を絶やさないようにしたいという切実な相談まで様々です。

 

こうした結婚相談所における結婚相談は、無料で相談に乗ってくれるところも多いため、様々な人が結婚に対するイメージを語り、その価値観がバラバラであることが分かります。

 

こうした場で結婚相談所の相談員はいかに結婚が素晴らしいものか、結婚をして良かったエピソードなどを話し、いい印象を持ってもらうことになります。

 

結婚して良かった話として多く聞かれるのは、ケンカした後の仲直りのやり方です。最近は共働きも多くなり、なかなか顔を合わさないという夫婦も出てきています。

 

そうなるとケンカした際に面と向かって謝ることができないまま、何日も経過するということが起きてしまいます。当然そのままでは離婚に向かって一直線となるため、どこかで謝らなければならないのですが、なかなかそれができないものです。

 

そうした時に、メモなどで謝りのメッセージを残す、もしくは急に食事に誘いだし、誠意ある謝罪を受ける、もっとグッとくるやり方では旦那のために会社を早退し、手料理を振る舞うというものです。なんとバカなことをしていたのかと旦那も反省するだけでなく、絆を深めあうこと、愛し合うことを強く意識し、より強固な関係を築くことができるというものです。

 

サプライズ系の話は結婚してよかったエピソードとしてはよく聞かれます。特に日本人はあまり愛情表現がうまくないため、サプライズで愛していることを伝えるということが行われ、それに奥さんが感激し、号泣するという話がよく聞かれます。

 

こうした話に食い付きを見せるのが30代以上の女性と言われています。愛情に飢えている人ほどこうした話に強く共感し、結婚に対する意識を高めるようになります。30代以上の男性に食い付きのいいエピソードとしては、家に帰れば温かい料理、ただいまの言葉、ねぎらいの姿勢といったごく普通な家庭の姿が一番幸せであるという話です。

 

男性も愛情に飢えていますが、サプライズを期待するよりも日常的な幸せを求める傾向にあります。そのため、手料理を毎日食べられる環境、そして全力で守りたい存在がいるということに憧れを強く抱き、結婚に対する憧れをより一層強め、それまでは無料の結婚相談ばかりだったものを、本格的な相談に切り替え、自分をより魅力的な存在に高めるなどのことをするようになります。

 

エピソードのどこに共感を持つかは男性女性で大きな差があります。ただ、それは手法などに限定され、大きな愛に包まれている、パートナーから全幅の信頼、愛情を感じられる話に大変強く反応し、共感します。もちろん結婚をして辛いこともたくさんありますが、そこだけに目を向けては結婚の意識は高まりません。結婚してよかったなと強く思わせる話は多くの独身の人の心を揺れ動かします。

必ず結婚相手を探せるサイトをご紹介!

ズバット結婚サービス比較

パートナーエージェント

ツヴァイ

 

・優良企業全16社からあなたのお相手をお探しします!

・徹底比較でぴったりの結婚相談所が見つかります

・申込みは簡単入力1分

・利用者数5万人突破!

 

・会員の1年以内の交際率92.4%

・活動開始から1年以内に成婚した人64.9%

・会員は毎月6.1通の紹介を受けています

・会員の2人の1人が交際中

 

1日15人の方が成婚で退会をされています

・カップリングパーティーで開催後に県外同士で交際

・あなたの結婚した人の数を調べる事も可能!