MENU

お見合い結婚の実態とは?

data

結婚相談所でお見合いをしてパートナーと結婚したら本当に幸せになれるのだろうか?

 

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、お見合い結婚と恋愛結婚の実態について解説をしていきます。

 

そもそも、お見合いは、「結婚」という一つのゴールに向かって活動をしているので、目的意識は高いと言えます。本来、お見合いとは、結婚に適しているかどうか?など体験もしていないので分からないのが現実。

 

昨今、結婚をしても離婚をする可能性もある中で、お見合い結婚をした場合と恋愛結婚をした場合の離婚率も非常に気にな所です。

 

全国仲人連合会によりますと、日本の離婚をする確率は、3〜4組に1組が離婚をしているのが現実。約30%の夫婦が離婚をしています。

 

それに比べて結婚相談所でお見合い結婚をした夫婦の離婚率は約10%となっています。

 

本来、恋愛結婚はお互いに好き同士で結婚したのにも関わらずお見合い結婚の離婚率が低いという原因はどんな 事が考えられるのでしょうか?

 

まず、恋愛結婚で離婚をした原因
主に性格の不一致・浪費癖・異性問題・暴力などが挙げられます。

 

また、恋は盲目という言葉があるように結婚生活をする事に冷静は判断が出来なかったり、愛情が冷めてしまったなど結婚を恋愛の延長線上として考えた方が多いように感じます。

 

それに比べてお見合い結婚の場合、離婚率が低い事が明らかになっています。

 

まずは、結婚に対してお互いに冷静は判断が出来ているという点。
お見合い結婚は、基本的に結婚を目的としているので、自分がどんな人を望んでいるのか?結婚相手として相応しいかどうか?常に冷静に相手を判断しています。

 

相手を好きになって恋愛をするという感覚では一切ないという事なので目の前が盲目になる事もないのです。

 

また、お見合い結婚は、第三者の目線があり結婚相談所のカウンセラーが的確なアドバイスをしてくれます。

 

その為、本当に自分に合った方との結婚が出来る為、失敗をする事が少ないようです。

 

このように、お見合いをする事で恋愛と結婚を別々に考える事が出来るので感情が勝る判断をしなくても良いという事になります。

 

感情が入り混じると自分が我慢する事が多くなる事もありますのでその点お見合い結婚は合理的と言えます。

 

是非、参考にして頂ければと思います。

 

必ず結婚相手を探せるサイトをご紹介!

ズバット結婚サービス比較

パートナーエージェント

ツヴァイ

 

・優良企業全16社からあなたのお相手をお探しします!

・徹底比較でぴったりの結婚相談所が見つかります

・申込みは簡単入力1分

・利用者数5万人突破!

 

・会員の1年以内の交際率92.4%

・活動開始から1年以内に成婚した人64.9%

・会員は毎月6.1通の紹介を受けています

・会員の2人の1人が交際中

 

1日15人の方が成婚で退会をされています

・カップリングパーティーで開催後に県外同士で交際

・あなたの結婚した人の数を調べる事も可能!